*

XP、サポート終了まで1年 企業の4割が利用しているなど

公開日: : Microsoft

ついにXPのサポートがががががが・・・(;´༎ຶД༎ຶ`)

パソコンのOS(基本ソフト)「ウィンドウズXP」のサポート終了まで1年を切った。発売から12年目だが、日本企業の4割がいまだ使っている。サポート終了後は新たなウイルスなどセキュリティー上の問題が起きる可能性もある。日本マイクロソフト(MS)は9日、新しいOSへの乗り換えを呼びかけた。

ウィンドウズXP、サポート終了まで1年。日本マイクロソフトが移行支援策を発表(9日)

ウィンドウズXP、サポート終了まで1年。日本マイクロソフトが移行支援策を発表(9日)

 日本MSの樋口泰行社長は9日開いた記者会見で「(XPは)構造上脆弱でセキュリティー対策も難しい。新世代のOSに移行してほしい。全社を挙げて周知や移行支援に取り組む」と述べた。

 2001年に発売されたXPは、日本時間14年4月9日にサポートを停止する。サポート期間中は新たに発見されたプログラムの欠陥やウイルスなどの脅威に対し、その都度、修正プログラムなどを提供する。終了後はそれをしないため、ウイルスへの感染や不正アクセスのリスクが大幅に高まるという。

 問題はXPの浸透度だ。XPから次世代の「ビスタ」発売まで6年かかったうえ、ビスタの評価も低くXPを使い続けているケースは多い。調査会社のIDCジャパンによると12年11月時点で国内の約3500万台の法人向けパソコンのうち40%がいまだにXPだ。特に中小企業や教育現場でXP比率が高い。個人向けも28%が残り、法人と個人合わせると2600万台弱のパソコンでXPが使われているとみられる。

画像の拡大

 

 業界ではサポート終了で「特需」が生まれるとの見方もある。あるパソコン大手は「(特需は)今後1年程度で900万台」という。日本MSは9日から中小企業向けの相談窓口を設置、最新OSを最大15%割り引くキャンペーンを始めた。

 日本MSは販売が伸びていない最新OS「8」へ移行を進めたい考えだが、「高価な8搭載パソコンより、安価で安定した(一世代前の)『7』を選ぶ企業が多い」(国内パソコン大手)という見方もある。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD090EU_Z00C13A4TJ0000/

ボクもXP使っています。どないしよう(☝ ՞ਊ ՞)☝

(各種関連リンクを参照できない方向け:オリジナルの記事はこちらです)

2014年4月9日のサポート終了まで残すところ1年を切ったWindows XPやOffice 2003について、マイクロソフトが注意喚起を行いました。

 

Windows XP/Office 2003 をご利用のお客様へサポート終了の重要なお知らせです | Microsoft

Windows XP | Office 2003 サポート終了のお知らせ
http://news.livedoor.com/article/detail/7578685/

日経の記事に特需とあるけど、実際Office2003からの買い替えとなるとかなり影響ありそうです。
企業がOfficeやWindowsを一気に買い換えたらMicrosoftはすごい売上になりそうですね。

OSが変わると他にもソフトも変わるので開発者は大変な模様です。

実は、こんなエピソードがありました。
窓の手」の作者である猪川さんとお会いしてお話しさせていただいたとき「Windows 95を対応OSから外したら、苦情のメールが殺到した」というお話を伺いました。

当時、さすがにWindows 95を使っている人なんていないだろう…とか思っていた中で、そういうことがあって、とても驚いたとのこと。

なので僕が、対応OSから、Windows 95/98/Me を外すことは、とても大きな決断でした。

そして、Windows 95/98/Me を対応OSから外すことを発表すると、案の定、ユーザーのブログ上では痛烈な人間批判みたいな文章を書くような人もいて(例:「Windows 9xをサポートから外すなんて、作者は頭がおかしい」「両親が死んで冷静な判断ができなくなったんじゃないか?」(注:作者の両親は健在です))旧OSを愛して止まない人ってのは、いるんだなぁと、とても強く思いました。

その後、月日は経ち、2012年の春には「Windows NT4.0/2000も対応OSから外す」決断をしました。

この時は、事前にユーザーアンケートを大々的に行い、ユーザーの使用状況を確かめ、さらに旧OS対応時のバージョンを最低半年間は公表し続けることを発表しまして、十分な準備を行った上で、「Windows NT4.0/2000も対応OSから外す」ことを実施しました。

さらには、アーカイブページと称して、3年前までのバージョンを全て公開しました。

その結果として、ユーザーからの批判の声は届きませんでした。ホッとしました。
逆に、ここまで入念に準備しないと、「ユーザーサポートOSを切り捨てる」判断ってのは、難しくなっているんですね。
公開ソフトの、サポートOSの切り捨て時とは

個人としてはOfficeで使っているファイルの拡張子が変わるのも気になるところです。エクセルならxlsが拡張子のファイルが使えなくなっていくことになります。Macで使っているOpenOfficeなんてxlsxに対応してない気がするんすけど今後大丈夫なんでしょうか。

XPのサポートが切れそうになったらいよいよ買い換えるしかないかもしれません(☝ ՞ਊ ՞)☝

ad

関連記事

記事はありませんでした

ad

ad

PAGE TOP ↑